日立産機 高効率モータ「ザ・モートルNeo100 SuperPower」

  • ギアモーター・産業用モーター等(駆動機器)
  • 2012-05-28
hitachi_neo100sp.jpg「ザ・モートル」シリーズのノウハウを継承したアルミ合金フレームを採用。
進化した鉄心形状、インバータ駆動への最適化、ステータコイル温度の低減など、
革新のテクノロジーで強化された次世代のグローバルスタンダードが、
今、時代のニーズと環境対応に応えて登場しました。

JIS高効率規格(JIS C 4212)に対応

モータの心臓部である鉄心形状の最適化、材料の高級化をさらに進め、損失を約20~30%(当社標準モータ比)低減。

長寿命化の実現

・コイル寿命2倍(日立標準モータ比)
・軸受寿命2.5倍(日立標準モータ比)

インバータ駆動への最適化を実現

低損失設計によって、0.4~15kWの4P機種は、インバータでの1:10 (6~60Hz)の100%定トルク運転を可能としました。(日立センサレスベクトル制御インバータ採用時) もちろん400V級モータには、日立標準モータで評価の
高い、インバータに対応した絶縁システムも採用しています。(460V 60Hz受電は除く)

標準モータと同一取付寸法

標準モータ、従来の高効率モータと同一で、容易に置き換えることができます。

環境に優しい低騒音・低振動

ザ・モートルシリーズで高い評価をいただいています低騒音・低振動技術を踏襲。

使えば使うほど経済性アップ

稼働時間に比例して経済的に有利となり、特にモータの使用台数が多く、長時間運転する用途には、
効果がはっきりとあらわれます。 hitachi_neo100sp_2.gif

(屋外型)保護構造IP55を標準採用

欧州を始め国外の屋外仕様モータは、IP55が標準採用されています。従来日本国内では、IP44構造を標準にし、IP55は受注対応を行ってきました。グローバルスタンダードをめざす新シリーズでは、屋外モータのシリーズとしてIP55を国内で初めて標準採用。採用したIP55構造は日立独自の設計思想から、より信頼性の高い構造としています。

(屋外型)耐熱クラスのグレードアップ

従来、出力0.4~3.7kWでは耐熱クラスEを、5.5~15kWでは耐熱クラスBを採用してきました。新シリーズでは、
モータの温度上昇は同レベルとした上で、絶縁物をより信頼性の高い材料に変更、耐熱クラスFのグレードを実現
しています。 モータ温度上昇は従来と変わりありませんので、パッケージに入れてご使用の場合の庫内温度状況は
従来と変わりません。 これによって耐熱クラスの表記は、0.4~3.7kWではF(E-RISE)、5.5~15kWではF(B-RISE)となります。

商品についてのお問い合わせ

商品のカタログ・資料請求、技術相談、お見積もりなどのお問い合わせはお問い合わせフォームからお受けしております。 些細なことでも結構ですのでお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る