NSK 高速静音ボールねじ 標準在庫品「コンパクトFAシリーズ」を商品化

  • ボールねじ・リニア(LM)ガイド(直動機器)
  • 2004-12-16

04120102.jpgNSKは、NSK高速静音ボールねじ「BSSシリーズ」を標準在庫品とした「コンパクトFAシリーズ」を開発しました。また、併せて「BSSシリーズ」の性能を引き出す「低型サポートユニット」も開発、両製品の販売を開始します。

2003年に販売を開始した高速静音ボールねじは、お客様から高い評価をいただき、販売比率も上がっています。今回、「BSSシリーズ」をもっと手軽に早く入手したいというご要望にお応えするため、標準在庫ボールねじとして「コンパクトFAシリーズ」を商品化いたしました。

本製品は、ボールねじの軸端加工を完了した製品で、同時発売の「ボールねじ用低型サポートユニット」と併せて使用することにより、簡単に短時間で高性能なボールねじをお客様の装置に組み込むことができます。


〔写真提供:日本精工株式会社〕

ボールねじ サイズ等概要

「コンパクトFAシリーズ」

ボールねじ軸径 φ10〜25mmの5種類(10,12,15,20,25)
リード 5〜60mmまでの8種類(5,10,20,25,30,40,50,60)
ストローク 50〜2,000mmまでの14種類
合計165型番

ボールねじ用低型サポートユニット

固定側(モータ側) 4種類、支持側 3種類 の合計7種類

特長  「コンパクトFAシリーズ」

[1] 「BSSシリーズ」の特長

1. 従来品に比べてボールねじのナット外径を30%縮小(コンパクト)
2. 従来品に比べて1.6倍以上の高速回転性能(世界No.1)(高速)
3. 従来品に比べて騒音レベルを6dB以上減少(静音)

[2] 標準在庫品化による短納期対応
[3] 「低型サポートユニット」との組み合わせによりボールねじを組み込んだ装置のコンパクト化に貢献(20〜30%薄型化可能:従来製品比)
[4] 新型接触シール採用によるグリース保持性能向上
[5] メンテナンス用のグリースニップルを標準付属


詳しくは日精機工にお問い合わせください。

商品についてのお問い合わせ

商品のカタログ・資料請求、技術相談、お見積もりなどのお問い合わせはお問い合わせフォームからお受けしております。 些細なことでも結構ですのでお問い合わせください。